104 MARKET JAPAN 104 MARKET JAPAN

チャーリーズソープ
日本総代理店

お役立ちコラム

家の場所別!ベストなお掃除頻度と揃えておきたいお掃除アイテム

くつろぐためのリビングと移動に使う廊下では、汚れの量や場所が異なります。また滞在時間が短くても、トイレや洗面所はすぐに汚れてしまうものです。家の中の場所ごとの最適なお掃除頻度と、お掃除の際にぜひ揃えておきたいお掃除アイテムをご紹介します。

目次

    家の個所別で紹介!ベストな掃除の頻度

    リビングや個室などくつろぐスペース

    長い時間を過ごすため、汚れやすくて汚れが気になる場所といえるでしょう。目線が低くなると床の汚れが気になりますので、週に1~3回程度掃除機をかけておきましょう。

    廊下や階段など行き来が多いスペース

    人の動きによって汚れが隅に入り込みやすくなります。3日に1度ぐらいの掃除機がけに加え、床と壁の角に詰まった汚れを週に1度は落としておきましょう。

    必ず汚れるキッチン

    作業をするごとにどこかしらが汚れます。汚れが柔らかいうちにその都度水拭きしておけばひどく汚れません。 また、週に1度洗剤を使って掃除をしておけばキレイが長続きします。

    お風呂やトイレなどの水回り

    簡単な水洗いは毎日行うようにするのが理想です。朝トイレに入ったあとに洗剤なしのブラシかけ、お風呂は最後の入浴後にざっと水をかけて換気扇を回すなど、習慣にしてしまうといいですね。 日頃から水掃除をしておけば、洗剤を使った掃除は週1度程度で間に合います。

    玄関やベランダ

    月に1度掃除をしておくと、大掃除の際に大変な思いをせずに済みます。砂ぼこりを集めたり、よく手で触る場所を拭き掃除しておけば、汚れが固着せずに済みます。

    掃除のときにあると便利なお掃除アイテム

    要らない布

    雑巾は使用後に洗う手間があり、古くなると衛生面でよくありません。要らない服などを小さく切っておけば雑巾代わりに使え、汚れたらゴミとして捨てることができます。

    スポンジやブラシ

    平らな面を手早く磨けるスポンジや、トイレの凹凸に合わせたブラシを揃えておくと便利です。またメラミンスポンジはこびりついた汚れに重宝します。

    モップ

    高い場所のホコリを落とすハンディモップや、掃除機がかけられない時間帯に床掃除ができるペーパーモップはぜひ揃えておきたいアイテムです。

    汚れ特化型アイテム

    古い歯ブラシはサッシのレールや排水溝掃除に便利ですし、窓用ワイパーをひとつ持っておくと、面倒な窓ガラス掃除がかなり楽になります。

    部屋はキレイであるのに越したことはありませんが、毎日隅々までピカピカにとなると疲れてしまいます。汚れの度合いに応じて掃除回数を変えたり、曜日ごとに掃除場所を振り分けたりすれば、負担を感じずに家の中のキレイを保つことが可能です。通販で添加物不使用の掃除用洗剤をお探しでしたら、「チャーリーズソープ」をお選びください。

    肌にやさしい成分でできている掃除用洗剤で、敏感肌の方も安心してご利用頂けます。「掃除用洗剤で家の中をキレイにしたい!」とお考えの方はぜひお試しください。

    TOP