104 MARKET JAPAN 104 MARKET JAPAN

チャーリーズソープ
日本総代理店

お役立ちコラム

家の中の代表的な汚れ4種類!それぞれの落とし方のコツ

家の中は場所ごとに様々な汚れが発生します。1本の洗剤だけでキレイにならないのは、汚れごとに性質が異なるからなのです。そこで、家の中で発生する汚れの種類と、それぞれの汚れを落とす際の洗剤・ハウスクリーナー、落とし方のポイントをご紹介します。

目次

    家の中で発生しやすい4種類の汚れとは

    酸性の汚れ

    油汚れ、手垢、生ゴミから出た汚れやアルコールが変質した汚れなど、キッチンの汚れの多くは酸性の汚れに該当します。

    アルカリ性の汚れ

    白い水垢や石鹸カス、トイレの尿石汚れ、タバコのヤニなどはアルカリ性の汚れに分類されます。

    固体の汚れ

    ホコリや食べ物のカス、髪の毛、皮膚のカスなどは固体汚れになります。

    カビ

    お風呂場や洗濯槽、トイレなどで発生するカビは家の中の代表的な汚れです。目に見えるカビを除去しても、胞子が浮遊している可能性があります。

    汚れの種類による洗剤の使い分けと汚れの落とし方

    汚れをこまめに拭き取っていれば、頑固な汚れはつきません。この場合は中性洗剤で落とすことが可能です。壁やフローリングの手垢なども中性洗剤で十分キレイになるでしょう。
    しかしこびりついた汚れ、蓄積した汚れは、汚れの種類別に対応する必要があります。


    酸性・アルカリ性の汚れ

    それぞれアルカリ性洗剤・酸性洗剤を使い、中和させることで汚れを落としやすくするのが一般的です。 洗剤以外にも、油汚れにはアルカリ性の重曹が使われますし、こびりついた尿石を落とすのには酸性のクエン酸やお酢が使われます。 重曹やクエン酸は洗剤ほど強力ではありませんが、これらを汚れにふりかけてからラップで密着させて放置することで、洗剤を使わずに汚れを落とすことができます。

    固体の汚れ

    目に見える食べ物のカスや砂ぼこり、髪の毛などは掃除機やほうき、モップを使って集めて捨てるのが基本です。 しかし空気中に浮遊しているホコリは目に見えません。これらは空気清浄機を使った吸引・除去をおすすめします。

    カビ

    カビは一般的な洗剤では落とすのが難しいため、カビ専用の洗剤を使用することが多いです。洗剤の十分な濃度を確保するために、汚れている場所の水気をしっかり拭いておきます。

    カビは目に見えませんので、汚れ部分より少し広めに洗剤を塗布しておきます。そこにラップを密着させて放置、その後念入りに洗い流しましょう。

    掃除後に水気を拭き取っておくことでカビ予防になります。

    酸性・アルカリ性洗剤は強力な汚れを落とすために強い成分が使われています。この2種を誤って混ぜてしまうと危険ですので、別々に保管し、同じ部屋では使わないように注意しましょう。

    また、強力な洗剤を使わずに済むよう、日頃から汚れをためないことが重要です。キッチンの換気扇やエアコン、浴室、床などの汚れをキレイにしたいと考えて、ハウスクリーナーをお探しでしたら、天然由来・無添加の「チャーリーズソープ」をご利用ください。

    世界30以上の国と地域で人気のハウスクリーナーで、汚れに合わせて濃度を変えることができます。

    TOP