カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

粉末洗剤と液体洗剤は何が違う?洗濯粉洗剤をお求めの方に伝えたい使い分けのポイント

お役立ちコラム

粉末洗剤と液体洗剤は何が違う?
洗濯粉洗剤をお求めの方に伝えたい使い分けのポイント

粉末洗剤と液体洗剤は、形状が違うだけでなく得意・不得意があります。それぞれの得意を伸ばして不得意を補ってあげることで、効率よく汚れを落とすことができます。「洗濯粉洗剤って液体と何が違うの?」「違いを詳しく知って選びたい」「洗濯粉洗剤の購入を検討している」とお考えの方向けに、2つの違いと使い分けのポイントについてご紹介します。

何が違う?粉末洗剤と液体洗剤の得意・不得意

何が違う?粉末洗剤と液体洗剤の得意・不得意

洗浄力の強い粉末洗剤

一般的な洗濯物の汚れは酸性だといわれています。粉末洗剤は洗剤の中でもアルカリが強い洗剤になるため、酸性の汚れを強い力で落とすことができます。

特に皮脂汚れや泥汚れに強く、皮脂残りによる部屋干しの悪臭も防ぎます。また、コストパフォーマンスに優れているのも特徴です。

しかし水に溶けにくいため、すすぎ残しの原因になります。さらに強い洗浄力によって生地を傷めてしまうこともあります。

優しく洗う液体洗剤

液体洗剤は、粉末洗剤に比べると洗浄力がおだやかなのが特徴です。中性のものが多く、配合する成分を工夫することで洗浄力を高めることが可能です。 最も大きな特徴は水に溶けやすいこと。時短や節水に欠かせない「すすぎ1回タイプ」の洗剤は液体洗剤が主流です。また、衣類への刺激も少なく優しく洗うことができます。

洗剤としての欠点は洗浄力の低さです。粉末洗剤よりもコストパフォーマンスが低下する傾向にあります。

粉末洗剤と液体洗剤を使い分けるポイント

粉末洗剤と液体洗剤を使い分けるポイント

季節と汚れの関係

水温が低い冬場は特に粉末洗剤の溶け残りが気になりますが、酷い皮脂汚れや泥汚れは少ない季節ではないでしょうか。

水温が比較的高い夏場の汗汚れ・泥汚れには粉末洗剤がうってつけです。逆に冬場は酷い汚れがなければ液体洗剤で優しく洗い上げてください。 冬場でも仕事や部活などで汗・泥がつく場合は、洗剤を予めお湯に溶かしてから使うか、人間の体温と同じ35~40℃ぐらいのお湯での洗濯をおすすめします。皮脂汚れは人の体温ぐらいで落ちやすくなるといわれています。

汚れのポイント洗い

ワイシャツの襟ぐり、袖ぐりの皮脂汚れを落とすために全ての洗濯物を粉末洗剤で洗ってしまうと、優しく洗いたい衣類を傷つけてしまうこともあります。

液体洗剤の中には、皮脂汚れに特化したポイント洗剤が市販されていますので、落ちづらい汚れに対しては、前処理をしてから他の洗濯物と併せて洗うのがポイントです。

汚れが酷い場合は、予め粉末洗剤で下処理をした上で液体洗剤で洗う。汚れている部分だけを先に分解できるようなポイント洗剤を塗っておく。こうした工夫をすることで、短い時間で確実に、様々な汚れに対応することが可能になります。通販で洗濯粉洗剤をお求めでしたら、人や自然環境にやさしい洗剤「チャーリーズソープ」をご利用ください。きれいに水に溶けるので衣類の隅々まで浸透し、優れた脱脂力で汚れ・汗・脂分などを落とします。

通販で洗濯粉洗剤を購入するなら「チャーリーズソープ」を利用

社名 株式会社 ゼンジョウ
所在地 〒578-0911 大阪府東大阪市中新開2丁目2番31号
TEL (072)962-9784
FAX (072)962-9786
事業内容 輸出入業、コンサルティング業
E-mail info@etp104.com
運営責任者 高橋 利昌
URL https://etp104.com

ページトップへ