カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

無添加はなぜ注目される?無添加・オーガニック・ナチュラルの違いとは

お役立ちコラム

無添加はなぜ注目される?無添加・オーガニック・ナチュラルの違いとは

健康を意識する人にとって「無添加」の安心感は強く、商品を選ぶ基準になります。しかし、「無添加」の本来の意味を知っていますか?無添加について知ると、本当の意味で「無添加」商品を探す手がかりになります。こちらでは、無添加やオーガニックやナチュラルについてご紹介します。

本当に安全?無添加製品が注目を集めるワケ

本当に安全?無添加製品が注目を集めるワケ

「無添加」と記載があると、体に悪い成分が入っていないように感じます。そのため無添加製品が注目される傾向にあります。 無添加食品は添加物が含まれておらず、保存はききませんが、新鮮なうちに子どもにも安心して食べさせられます。

また無添加化粧品も保存期間は短いですが、フレッシュな状態の化粧品を使うのは肌に良いように感じます。

しかしこれには注意が必要です。というのも、「無添加」に関する明確な基準・法律等の決まりはありません。

そのため、無添加製品に「特定の成分」は使われていなくても、有害かどうか明確に書かれていない・確認をしていない添加物が使われていて、それを「無添加」と表示しているケースも少なくないのです。

無添加とオーガニック、ナチュラルは何が違う?

無添加とオーガニック、ナチュラルは何が違う?

無添加

例えば化粧品の場合、日本薬事法が定めた皮膚トラブルの原因となる成分を使っていない場合に「無添加」を名乗ることができます。

しかし「添加物が入っていない」わけではないのです。規制された成分は入っていないけれど、それ以外の添加物が入っていても「無添加」になります。

オーガニック

農林水産省が定める「有機JAS規格」をクリアしている製品がオーガニックです。 植物を栽培する土壌を作るところから使用してはいけない肥料などが定められており、もちろん栽培中も化学肥料や農薬は使えません。

またご近所に農薬を使っている畑があれば対策を講じなければなりませんし、保管や輸送にも決まりがあります。こうした長きに渡る規制をクリアしたものだけが「オーガニック」の認定を受けられるといえます。

ナチュラル

「天然」「自然派」と言い換えて使われることもある「ナチュラル」には、法的な基準がありません。「ナチュラル」と記載するのはメーカー側の自由ということです。

オーガニックが良くてナチュラルが悪いということではありません。無添加が信用できないわけでもありません。実際に手にした製品の安全性を、メーカーの判断ではなく、消費者自身が決める時代に変わりつつあるといえるでしょう。

洗濯粉洗剤を通販で探している方におすすめしたいのが、チャーリーズソープです。洗濯に必要な成分以外は一切使っておらず、すすいだ後は、洗剤そのものはもちろん、汚れや不純物を衣類に残しません。この洗濯粉洗剤は無臭・無添加洗剤で、赤ちゃんや肌が敏感な方でも安心してご利用頂けます。蛍光剤や漂白剤、香料なども含んでおりませんので、安心して洗濯粉洗剤をお求めの際にお役立てください。

通販で洗濯粉洗剤を購入するなら「チャーリーズソープ」を利用

社名 株式会社 ゼンジョウ
所在地 〒578-0911 大阪府東大阪市中新開2丁目2番31号
TEL (072)962-9784
FAX (072)962-9786
事業内容 輸出入業、コンサルティング業
E-mail info@etp104.com
運営責任者 高橋 利昌
URL https://etp104.com

ページトップへ